精油の蒸留法は江戸時代に伝わり蘭医学などで用いられていた。
明治時代にはニホンハッカなどの精油を輸出していた時期もあったが、
合成香料や海外の廉価品におされ、廃れてしまった。
1970年代に、小学生やその親たちの間でポプリ(en)が流行し、ドライハーブへの関心が高まった。
アロマテラピーが紹介されたのは1980年代で、はじめジャン・バルネやロバート・ティスランドら
による英仏の専門書が高山林太郎氏により邦訳され、やがて海外で技術を学んだ者たちが国内で
実践を始めた。1990年代にエステブームなどに乗って広まったこともあり、日本に伝わった
アロマテラピーの方法はイギリス系に近いものであるが、近年では国内でも精油への科学的アプローチ
が進み、代替医療としてアロマテラピーに関心を寄せる医療関係者も増えている。
2006年頃からバラの香りをかつてない程に再現した、本物のバラの精油よりも大幅に安価な合成香料
が開発され、それを添加したガムやドロップが製品が流行し汗がバラの香りと言われて男女間で話題
になり、「香り・アロマ」への関心が大衆の間でさらに高まる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

エステ体験 札幌 エステ体験 横浜 エステ体験 千葉 エステ体験 東京 エステ体験 名古屋
エステ体験 京都 エステ体験 大阪 エステ体験 神戸 エステ体験 福岡 エステ体験 埼玉